防火服用ランドリー機器

市場

防火服は防衛相、海上保安庁、消防署や消防学校、またさらには、火を扱う製鉄所、化学会社等で使用されており、火災、有害物質、化学薬品等の危険なものから身を守ります。
常に安全性が求められる防火服ですが、2011年に総務省消防庁より、さらなる安全性を重視した防火服のガイドラインの通知があり、炎や熱に対する防護性能、引張・引裂抵抗、耐化学薬品性能等が求めれられるようになっています。

機器導入メリット

現在、防火服の洗濯乾燥方法は、デッキブラシを使用した直接のこすり洗いや家庭用洗濯機での洗濯、また、防火服は天日干しができないことから日陰干しで自然乾燥させているのが殆どです。これらの洗濯乾燥方法は、特殊加工された防火服の生地を痛め、機能を失わせてしまう為、適切なメンテナンスが行える防火服専用洗濯乾燥設備の需要と評価は非常に高まっております。
防火服専用洗濯機/乾燥機は、特殊繊維を使用した複雑な構造の防火服でも生地へのダメージを最小限に抑えた洗濯乾燥ができます。また一定の温度で乾燥させることによって、洗濯中に行った撥水処理を定着させることができます。
防火服専用洗濯機及び乾燥機の使用は、本来の防火服の機能を失うことなく、常に清潔な状態を保った防火服での活動を可能にします。

防火服専用洗濯機

Gear WasherExpress Wash

  • 防火服最大6着まで対応
  • アメリカ業界団体規格に対応したプログラム仕様*
  • AQUAMIXERにより水温調整を実現
  • Aquafallにより節水仕様。水道代節約によるエコモデル
  • G-Drive採用により節電・静音仕様

*NFPA(National Fire Protection Association)
 米国防火協会 : 1896年に設立され、1930年に法人化された非営利民間団体。
 防火基準の制定、技術指導、火災安全調査などの事業を行っている。

NFPAガイドラインの以下の推奨項目を全てクリア

  • 防火機能維持の為、早い段階での洗濯を推奨
  • 防火服の洗濯時に最高水温40.5℃・最大G-Force 100Gを推奨
  • 撹拌式洗濯機ではなく、ドラム式洗濯機を推奨

防火服専用乾燥機

Gear CabinetExpress Dry

  • 防火服最大6着まで対応、同時にブーツの乾燥も可能
  • ソフト仕上げ乾燥により、縮みやダメージを防ぎます
  • 丈夫な構造でペイント加工によりサビ抑制
  • 専用ハンガーは取外し可能で防火服を簡単にセット
  • 2つのヒーターを使用して上下から温風を送ります

NFPAガイドラインの以下の推奨項目を全てクリア

  • 回転式乾燥機の使用は避ける事を推奨
  • 生地のダメージを防ぐため40.5℃以下を推奨
  • 生乾きは蒸気火傷を引き起こす原因となり、完全乾燥は安全性確保の必修条件